ピアノ、声楽、楽典の音楽教室をお探しの方は行徳のKlavier Platzへ

クラーヴィア・プラッツ

千葉県市川市行徳駅前3-3-1 ヴィラージュ・イル201

無料体験レッスン受付中

tel:047-395-0202
MENU
コラム
コラム

このページは、Klavier Platzから生徒の皆さんへのメッセージボードです。
毎月のお便りに加え、レッスンに役立つ情報コラムなども掲載予定です。
ご意見・ご希望などぜひお寄せください。

スケジュール
SCHEDULE

  • 2月のレッスン

  • 11日(木)、23日(火)は、祝日につきお休みです。

ピアノ弾きのよもやま話
SMALL TALK

  • 成長し続ける…

  • 発表会のあとや年度が替わった時など、
    急に音色に艶が出てきたり音楽がよどみなく流れるようになったり…ちょっとした変化に気づくことがあります。
    会話が弾むようになる、語彙が豊富になることもしばしば…。
    え?1週間前とは別人のよう!

    「学年が変わる」世代ではない「おとな」にももちろん変化はあります。
    人間は、常に成長し続けるのだなぁと感動する瞬間、
    私もまた、そこからエネルギーをいただいているような充実感にマスクの下は思わず笑顔。

    これは何?それはなぜ?の「好奇心」、
    納得するまでやってみたいと思う「集中力」、
    何かと何かを結び付ける「発想力」、
    あきらめずに続ける「忍耐力」、
    誰でもそれぞれのバランスで持っているこういう力をうまく発揮して、
    「気持ちの良い演奏」ができる歓びを味わえば、ほかのことに取り組む自信にもつながることでしょう。

    「今の自分」は過去から未来への線上にあって毎日生まれ変わっていきます。
    昨日と違う景色が見えたらきっと成長の証…。
    自分で感じるのは5年、10年後かもしれないけれど、まず得るべきは「今日の満足」。

    初夏の明るい日差しの中に、皆さんの姿はいつもより輝いて見えます!
     

KP あっと HP
KP at HP

  • CMの力

  • 某人材派遣会社のCMが復活しました。強烈な印象で鳴り響くのは、もちろんチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」。20年前、最初のCMシリーズが話題になった後、あるオーケストラは演奏会アンコールで、明らかにCMを意識した悲壮感漂う演奏をしていましたっけ。あの曲の冒頭を聴くと、どうも続くナレーション「○○に恵まれなかったら…」を思い出してしまいます。

    ハ長調の曲ですから、テーマはピアノの白い鍵盤だけで弾くことができます。そして、ほとんど音階のまま下行してきます。バレー音楽も交響曲も素敵だけれど、こんなにシンプルに、一度聴いたら忘れられない音楽を書けるなんて、やはりチャイコフスキーはすばらしい!

    それにしても、チャイコフスキーはこういう使われ方について、天国で何を思っているのでしょうね。自分の曲を宣伝してくれているように感じているのかも…。彼に著作権料がはいることはないけれど、みなさん、ぜひぜひ「弦楽セレナーデ」を全曲聴いてみてください。全4楽章、本当に心にしみる音楽ですから。